バイアグラについて考えるアメリカ人

バイアグラを使ってコンプレックスを消し去りましょう。バイアグラはもともとアメリカ人男性の間で話題になった薬ですが、その壮大な効果から瞬く間に日本にも広がりました。

バイアグラの効果をアップさせる方法のまとめ

EDの治療薬として認知されているバイアグラは、1998年に世界で初めてED治療薬として販売されました。
バイアグラの主成分であるシデナフィルは、元々心臓病の治療薬として研究されていたものです。その研究途中で、勃起補助の作用が発見されたことで、ED治療薬として開発され販売されました。
バイアグラと効くと、強制的に勃起させる薬と思っている人も多いかもしれませんが、あくまでも性的な刺激などがなければ勃起させる効果はありません。
そもそも勃起とは、性的刺激を受けることで、陰茎内の血管を開いて血流量を増やす成分が分泌されることで起こります。バイアグラは、勃起を沈める成分を抑える効果があり、勃起を維持するようにする働きをするため、最初に性的刺激が必要となります。

服用方法は、1日1回が基本となり、性行為を行う30~60分前に服用します。薬の効果は3時間程続くので、時間を計算して準備をすることが大切です。
また空腹の時ほど効果を発揮するので、服用直前には食事を避け、食後2~3時間ほどたってから吹くようするとよいでしょう。
気をつけないといけないことは、バイアグラには血管を広げる硬化があるため、目の充血や顔のほてりなどの副作用が現れることがあります。まためまいや動機、発疹が現れることもありますが、通常はすぐに治まるのであまり心配はありませんが、重大な副作用として、狭心発作があります。
これは死に至る可能性があるものですから、心臓に痛みを感じたらすぐに病院を受診する必要があります。

これらをまとめると、バイアグラの効果をアップするには、空腹時に水と一緒に服用することが大事です。
バイアグラの成分の吸収は、食事のタイミングに影響をうけますから、使用したい時間から逆算して食事をとるようにしましょう。